毛穴の黒ずみ解消!いちご鼻を綺麗にするには?

古い角質の皮脂が毛穴に詰まった状態が角栓であり、毛穴の黒ずみがひどい状態は、名前だけは可愛い立派ないちご鼻です。いちご鼻を綺麗にするには間違ったケアを改めて、正しいスキンケアで地道に改善をして行くのが最も近道になります。

老廃物や古い皮脂にほこり、それらが毛穴に詰まり酸化すると固まりますので、皮膚の表面から見ると黒い点のように見えますが、こうなると普通の洗顔で簡単には落とせません。毛穴も広がるので余計に毛穴の影も黒く見えるので、いちご鼻はネーミングに反してとても厄介な状態です。

まずは間違ったケアをしているなら中止しなければなりませんが、角栓を無理やりピンセットで引き抜くのもNGであり、毛穴は広がってしまいます。手軽に利用できる毛穴パックですが、頻繁に使用をするのは良い方法ではありません。

市販の毛穴パックはシートタイプになっていて、粘着剤を毛穴に付けることで汚れを無理に剥がす手段です。目立つ角栓は除去できるものの、汚れのなくなった毛穴は開いたままになります。保湿をしないとそのまま開いているので、新しい汚れが蓄積をされるため、毛穴パックを使うなら保湿ケアもセットです。

頻繁にシートパックを剥がすお手入れをすると、皮膚にはかなりの負担がかかります。表面の皮膚組織が剥がれて軽く傷を負う状態になりますし、皮膚のバリア機能は低下をするばかりです。

潤い治療と呼ばれているのが湿潤療法であり、自己治癒能力は人間の身体が元々持っている力であり、それを最大限に生かします。傷を乾かさないことが傷を治すためには大事です。傷口を乾燥させるとかさぶたができますが、湿潤療法はそれに比べたらキレイに治ります。

せっかく毛穴パックを使うなら、ムラなくキレイに付着をさせて、ゆっくりと剥がしてスキンケアをする流れです。毛穴の黒ずみは皮脂の過剰分泌も原因ですが、分泌のコントロールが正常にできていないのもいけません。生活習慣の乱れや食事の栄養の偏り、日頃の誤ったスキンケアも、皮脂のコントロールを乱れさせて、過剰分泌に招くもとです。

いちご鼻をスッキリさせて、キメの整った肌にするなら、皮膚のターンオーバーを正常にする必要があります。人間の皮膚は常に同じではなく、皮膚の代謝が順調に行われることで、常に若々しく美しい肌を維持することが可能です。でもあらゆる原因が重なり合い、大人になるとよりターンオーバーは乱れやすくなります。

気になるからといって間違えても素肌を強い力でゴシゴシ洗いはしないこと、良く泡立てた泡で汚れを吸着するように洗顔をすることです。ターンオーバーが乱れることで、肌に古い角栓が残り、毛穴に詰まる角栓は、様々な方法で除去することができます。

毛穴パックを使うなら洗顔と保湿ケアまですること、古い角質を分解する作用のある酵素パウダーを普段の洗顔料の代わりに使っても構いません。汚れの吸着力が強いクレイマスクを週に1回くらい行ったり、肌表面のざらつきが気になるならスクラブ洗顔もあります。