紫外線が肌にもたらす影響って?日焼け止めはどういうものを使えばいい?

紫外線が肌にもたらす影響の一つはDNAの破壊であり、細胞に瞬時に強いダメージを与えるほどの破壊力です。健やかな肌状態をキープするためにもDNAの破壊にならないよう、強い日差しから素肌を招かなければなりません。日差しの強い日に車で近くまで移動をするとか、少しの時間だからとUV対策をしないで出かけたりすることがありますが、短時間でも危険だということです。

実際に短時間に紫外線のダメージを受けた場合、そのダメージはすぐに消えることなく何時間も継続してしまいます。体内では肉眼では見えないものの、健やかな細胞を傷つけるフリーラジカルが生成させますし、マイナスの連鎖が引き起こされるため、不安定な分子を生成させてはいけません。

肌の老化を招く要因でもあり、光老化は表面がゴワゴワとしていて、シミや深いしわも見られます。加齢によるものと思われがちですが、肌の老化のおよそ80%は紫外線が大きな原因です。シミやたるみにシワや色素沈着など、あらゆる肌トラブルを招くもとであり、マイナスの影響力がとても強いと言えます。

皮膚には軽い炎症を起こす事になるので、そのまま色素が残ると炎症後色素沈着を起こし、改善するまでには時間が必要になります。肌の生まれ変わりのターンオーバーで、皮膚の外側にメラニン色素が排出されていくオンで、次第に症状は消えていきますが、正常なターンオーバーが行われなければ、色素沈着となり消えないこともあるので要注意です。

対策をするなら毎日SPF30、PA++以上の自分の肌に合った日焼け止めを使用するようにします。オフィスワークなど通常は屋内で過ごすようなライフスタイルならこれくらいで十分であり、逆に高すぎる数値はNGです。

紫外線A波をカットするのがPAであり、紫外線B波をカットするのはSPFであり、それぞれのカットをする目安になります。1日の始まりの朝だけ塗ってあとはノータッチというのもNGであり、特に日差しが強くなる夏などは、日中もこまめな塗り直しが必要です。

高すぎる数値は肌への負担が大きく、乾燥をさせますしダメージが強くなります。最も陽射しが強くなるのは朝の10時から午後の2時までの時間帯であり、その間に出かけるならばSPF50でPA+++の日焼け止めを使うようにするなど、時間帯や過ごす場所によっても使い分けることです。7月から8月の夏本番を迎える時期ならば、それに加えてつばの広い帽子をかぶったり、日傘を差したりサングラスをするなど、肌をできるだけ覆うようにして肌を守ります。

大体2時間を目安に日焼け止めは塗り直すようにして、水や発汗で落ちた際にも塗り直すことです。ファンデーションなどお化粧をしているなら、日焼け止め成分配合のパウダーやスプレーを使うこともできます。肌につけてすぐに太陽の下へ出ると、油焼けをすることがあるので、出掛ける少し前に日焼け止めは塗って、ある程度肌に馴染ませておくことです。